THE 雑記

THE 雑記。 名前のまんま雑記。 とにかく雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テニススクールに期待するもの

4月から週一でテニススクールに通い始めて、そろそろ2ヶ月が経つ。
全くの初心者からのスタートで、現在は「初級クラス」を受講している。

今日は、このテニススクールについて、「テニスの上達」ということに
焦点を当てて書いてみたい。
テニススクールに通おうかどうか迷っている初心者の方の、
参考にでもなれば嬉しい。


実は、先週は知人の結婚式のため、レッスンを欠席しており、
今日は、その振り替えも合わせて、2回分で3時間という長丁場になった。

正直なところ、果たして体力が続くか、自信がなかったが、ふたを開けてみれば、
時間は瞬く間に過ぎ去り、十分な余力を残して2回分のレッスンが終了した。

どうも、レッスンを受けていて、毎回のように感じることがある。
それは、「うまくなっていると実感できない」ということである。

おそらく、実際には全く進歩していないということはないであろう。
しかし、そのペースは、意に反して、きわめてスローであると言わざるを得ない。

しかし、少し考えてみれば、これは当然のことである。
週に1時間半程度レッスンを受けたところで、
一体どれだけうまくなると言うのだろう。

1時間半のレッスンの間、ストローク、ボレー、スマッシュ、サーブあたりを
一通りポンポンやって、ラリーやミニゲームといった流れになることが多い。

これらの各技術には、共通点もあるが、基本的にはそれぞれに独立した練習が
必要であり、たとえば、ストロークの練習をたくさんやっていれば、
サーブまで上手になっているといったことは、ほとんどない。
(このあたりは、もう一つの趣味であるギターとは大きく異なる点の一つだ。)

ところが、多くのスクールで最も時間を割くであろうストロークでさえ、
1時間半のレッスンの間に、実際に練習している時間というのは
一人あたり、数分~長くても十数分というのが現状なのである。

これでは、何ヶ月せっせとスクールに通おうとも、うまくなるような気がしない。


そこで、最近は、考え方を変える必要性を感じている。

そもそも、私はテニススクールでレッスンを受けることによって、
テニスがみるみる上達していくものだと考えていた。

しかし、実際には、テニススクールは教わる場であって、
練習する場ではないのではないだろうか。

つまり、テニススクールは、テニスにまつわる様々な技術を教えてもらったり、
いつの間にか身に付いてしまった悪いフォームの指摘をしてもらったり
するための場であり、そこで教わったことを練習・実践するための場は
テニススクールとは別に各自が確保する必要があるのかも知れない。

たとえば、テニスサークルがそれに当たる。

しかし、実際には「初心者お断り」としているサークルも多く、
周囲に「初心者でもOK」をうたっているサークルがなければ、
結局、ある程度のレベルに達するまでは、スローペースでも我慢して、
テニススクールだけで頑張るしかないのかも知れない。

逆に、初心者でも受け入れてくれるようなサークルが周囲にあり、
テニスの上達自体が主たる目標ではないのであれば、
大枚をはたいてテニススクールに通う必要は全くないと言える。

各自が何を目的にしてテニスを始めるのかを明確にし、
テニススクールが自分にとって必要なのかどうかを判断するとよいと思う。
スポンサーサイト

結婚 ~船出までの道のり~

8年来の友人から、「結婚する」との知らせが届いた。

私の24という年齢的から考えれば、周囲からちらほらそのような話が
聞こえてくるのは、なんら不思議ではないのだが、
「結婚」という言葉には、私にとっては未だに縁遠いものを
感じてしまい、旧知の人間が結婚すると聞いても、
あまりピンと来ないというのが正直なところだ。

とはいえ、人生の大きな決断を、勇気を持って下したこの友人に対し、
私は心から敬意と祝意を表する。

さて、これを期に、少し結婚というものについて考えてみた。


考えれば考えるほど、ものすごい決断だと思う。
なにせ、
「健やかなる時も、病める時もこの人を一生愛し続けることを誓う」
んだもんなぁ。

たぶん、残念ながら離婚してしまった夫婦でも、結婚した当時には、
そう心に誓ってたんだろうな、きっと。


正直、今の私には、そういう気持ちは想像も付かない。
不安ばかりが先に立って、なかなか踏ん切りが付けられないだろう。

相手と将来生まれるであろう(もしくはすでに生まれた)子供を、
幸せにする自信みたいなものも必要だろうし、
そういった心のハードルをいくつもクリアして、結婚という決断を
した人たちには、尊敬の念すら抱いてしまう。

そして、お互いがお互いをそこまで思えるような相手であることに、
心からうらやましく思う。


私にもいつか、そんな相手に巡り会えると信じたい(切実)。

証券会社って大変ね

現在、仕事で証券のオンライントレーディングシステムを開発している。

私自身、個人的に株式の現物取引をしているため、
この仕事はとても勉強になる。

我々が普段利用している売買システムが、裏でどのように
処理されているのかがよく分かり、ユーザからは
見えない側面がいろいろ見えてくるのである。

少しやっかいに思ったのが、母店を介した発注である。

通常、東証、大証などの市場では、各市場に認定された
総合取引参加者(正会員)でなければ、取引を行うことはできない。

それでは、総合取引参加者でない新規参入の証券会社は
どうするかというと、ほかの総合取引参加者が母点として仲介し、
注文を市場へ取り次いでやることによって、間接的に市場と
やりとりするのである。

すなわち、新規参入の証券会社からしてみれば、
総合取引参加者でない間は母店と、総合取引参加者の資格を
得てからは市場とやりとりを行う
ことになる。

システムを開発する側としては、このことを前提とした設計を
行わなければならない。

母店と市場では、インターフェースが当然異なるため、
移行の際には追加の開発がどうしても必要になる。
そのときに、最小限のカスタマイズですむような構造になっていなければ、
思わぬコストがかかったり、移行が遅れたりしてしまう可能性があるのだ。

転機

ブログ開始一発目は、趣味の音楽の話。

そもそも高二ぐらいまでは、ご多分に漏れず、ごく一般的なJ-POPSを聴いていた私。
中三でギターを始めたのも、クラシックギターをやっていた父の影響と、
流行の歌を弾き語りしたいという思いからだった。

転機は高二の秋、文化祭で、同級生のギタリストAを見たときだった。

当時、コードをかきならすことしか能がなかった私には、
様々な奏法、テクニックを駆使して、かっちょええ音楽を奏でる
Aの姿は実に衝撃的だった。

Aと仲良くなってからは、よく彼の家に遊びに行った。
Aの家には数多くのCDがあったが、その大半は、私が名前も
聞いたことがないような、HR/HMというジャンルに属するものであった。

やがてその手のCDを買いあさるようになった私は、ギターに対する姿勢も変わり、
高三のときには、それこそ受験勉強そっちのけで、毎日4時間以上は
練習していたように思う。

私のように、ほかの大多数の人とは少し違った音楽を好む人というのは、
みんなこのような転機があったんだろうか。

ひとつだけ言えるのは、この転機が、そして巡り合えた新しい世界が、
私の人生に少しだけ彩りを与えてくれているということ。

私は無神論者だが、もし神という存在がいたとすれば、
そんな出会いを与えてくれたことに感謝。

はじめに

皆もすなる「ブログ」といふものを、我もしてみむとてするなり。

ということで、かくも味気ない日々を送る、私こと、「ゆーの」が
味気ない日記を書いていこうと思っております。
日記を書くことで、少しでも味のある人生を送れたらいいんだがなぁ・・・

特定のジャンルに絞ってしまうと、書くことが激減しそうなので、
まずは全部ごった煮にしてやっていきます。

とりあえず、自己紹介でも。

名前 ゆーの (英語表記:Euno)
性別
年齢 未婚/既婚 24歳 未婚 (2005/05/15現在)
住所 神奈川
職業 中堅ソフト会社にて、ソフトウェアの開発
実はもうすぐ転職予定 (内定済,会社にはまだ内緒w)
趣味
その1 ギター
  中三から続けている。主なジャンルはHR/HM
その2 音楽鑑賞
  その1 とも関連して、当然音楽はよく聴く。
  が、最近は昔好きだったアルバムを聴き返してばかりで、
  新しいアーティストの発掘はとってもご無沙汰。
  歳かなぁ・・・
その3 テニス
  2005年4月より、24歳にしてはじめる。
  仕事上、体を動かす機会が全くないと言ってもよく、
  健康のために始めたら、これがまた面白いのなんのってw
  現在、毎週日曜にスクールに通っている。
  お金に余裕があれば、週2回に増やしたいところ。
  腕前は当然初心者レベル。
資産運用 株式の現物取引。
2004年1月に始めた。
最初、会社の上司に勧められた銘柄を買ったところ、
下がるわ下がるわで、どうしようもなくなり、売却。
それ以降、2,3日ほどの周期で買ったり売ったりを繰り返していたが、
思うように成果が上がらず。
現在はブックビルディング狙いと、中長期投資の
2本立てで建て直しを計る。
その他 実は失恋中の私・・・
癒してくれる人募集w
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。