THE 雑記

THE 雑記。 名前のまんま雑記。 とにかく雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また?? 朝日新聞が捏造記事

またやってくれました。

朝日新聞が、実際には田中康夫知事本人に、直接取材をしていないにもかかわらず、
さも取材して書いたかのような虚偽の内容のメモを作成し、朝日新聞の紙面で、
これを元にした記事を掲載したとのこと。

<参考>
朝日記者が虚偽メモ、「新党」記事に…懲戒解雇 (読売新聞)



虚偽のメモを作成した西山卓記者は、調査に対し、

「田中知事からこれぐらい聞けるんだというのを(長野)総局長に
 見せたかったのかもしれない。
 あとから考えれば功名心だったかもしれない」

と話したとされるが、この言い回しが事実とすれば、


何?「しれない」って!?


自分がやったんじゃないか!
あれは自分の中に潜む、悪の人格がやったもので、
もうひとつの人格である自分には責任がないとでも言いたいのだろうか?

もはや、呆れ果ててため息しか出ない。
あの新聞社に自浄作用というものは存在しないらしい。
スポンサーサイト

オープンソースの波

OpenOffice.org(以下OOo)」というオープンソースのソフトがある。

非常に高価な「Microsoft Office(以下MS Office)」とほぼ同等の機能を、
無料で利用できるということもあり、非常に注目されているプロジェクトだ。

だが、2002年に登場したバージョン1の正式版では、MS Officeとの互換性がイマイチで、
たとえばMS Officeの「Word」で作成した文書ファイルをOOoの「Writer」で開くと、
レイアウトが大きくずれていたりということがよくあった。

完全に個人での使用に限るなら、これでもかまわないのだが、
たとえば企業が導入しようといった話になると、この互換性がネックになり、
「たしかにお金はかかんないんだけど、ちょっとね・・・」
という反応が多かった。

ところが、正式版リリースを間近に控えているバージョン2では、
大幅な機能追加もさることながら、この互換性についても
かなり改善されているとのこと。

本当にこの点に問題がなければ、MS Officeのボッタクリ料金に
辟易している企業が、導入する事例も増えてくるかもしれない。


OOoに限らず、オープンソースのソフトウェアが、近年大きな注目を浴びている。
これは、有償の製品と比較しても、機能的、性能的に遜色ないレベルのものが
増えてきていることが背景にある。

サポートが受けられないオープンソース製品を敬遠する向きも多いが、
最近ではオープンソースソフトウェアに対するサポートを提供する
サービスを展開している企業も増えてきている。

逆に、既存のベンダーとしては、コスト面でのハンデを補うだけの差別化を
オープンソース製品との間に実現できるかどうかが、
今後の生き残りをかけた、重大なテーマとなることは間違いない。

ホリエモン 衆院選出馬は無所属で

8月18日のエントリーで、「堀江氏が自民党から出馬の意向」と書いてしまったが、
本日、堀江氏が自民党本部を訪れ、総選挙には「無所属で」出馬する意向を小泉首相に伝えた。

お詫びして訂正いたします。m(_ _)m

ホリエモン 衆院選に自民党から出馬の意向

IT関連企業「ライブドア」社長のホリエモンこと、堀江貴文氏が、
自民党の打診を受け、9月11日の衆議院議員総選挙に出馬する意向を
固めたらしい。

しかしこの人、本当によく目立つ。
私の周囲では、「とても好き」か、「大嫌い」のどちらかが多く、
「どちらでもない」という人は少ないように思う。

それだけ注目される存在であるということだろう。
【“ホリエモン 衆院選に自民党から出馬の意向”の続きを読む】

ドリーム・シアターのチケットゲット!!

来年1月13日の、ドリーム・シアターの日本公演のチケットを取った。

受付初日は、午後8時からの電話予約のみということで、8時ぴったりに電話をかけて
速攻で予約したのだが、チケットを受け取ると、そこには「34列目」の文字が・・・

やはり一般発売だと、がんばってもこんなもんなのか・・・
でも、1階席は初めてなので、楽しんでこよう。

新作がよかったので、今回は期待度大!!

郵政民営化否決→総選挙祭りにて

先週金曜日、郵政民営化に対して中間派と言われていた、自民党亀井派の中曽根弘文氏が
民営化反対の意向を表明したことにより、法案は否決の公算が高まり、株価は急落した。

そして今日も前場、日経平均は120円近く下げ、持っていた3つの銘柄も
大きな含み損を抱えてしまった・・・

昼休みに、保持していた3つの銘柄のうち、
2銘柄について、成り売り注文を出し、後場寄り付きで約定。
そう、ビビり売りである。(ああ、笑うがいいさ)
しかも損切り

大引け後、また株価をのぞいてみると、

なんじゃこりゃぁぁあああ!!!!

日経平均プラ転!?
売った銘柄も、その後反発し、大きく値を戻していた。

ビビり売りが完璧に裏目に出てしまったようだ・・・

そろそろ市場から手を引こうかと本気で考え始めた今日この頃・・・

転校(?)大成功!!

先月まで通っていたテニススクールには別れを告げ、
今月から別のテニススクールに通うことになっていたが(参照)
本日、転校後一発目のレッスンを受けてきた。

【“転校(?)大成功!!”の続きを読む】

髭脱毛

突然だが、髭を抜いてみた。

私は、もともと髭は薄い方で、本数も少ない。
剃るのは週に2回程度だ。

ただ、それでも剃るのは面倒な作業だし、カミソリ負けするので、
一念発起し、毛抜きで髭を抜いてみることにした。

試しに、まず1本抜いてみる。

ぶちっ

い、痛い・・・
しかし、我慢できないほどでもない。
場所が耳に近いせいか、抜く瞬間には「ぶちっ」という音が
はっきりと聞こえてくるのが少し怖い。

かくして、太めの髭は結局すべて抜いてしまった。

それにしても、抜く前にはほんの少し頭を出しているだけのくせに、
抜いてみると、その長さにはびっくりしてしまう。

なんでそんなに深いところから生えてるんだ? 髭よ・・・


ネットで調べてみると、毛抜きで髭を抜いている人は結構いるようだ。
だいたい1週間ぐらいで再生してしまうらしい。
うーん・・・
週2回の髭剃りが、週1回の髭抜きになっただけか・・・
まぁ、カミソリ負けがないだけでもよしとしよう。


さて、この文章を読んで、「自分も試してみよう」と思った方に注意。
痛みは、やはり太い毛を抜いたときほど強い。
また、基本的には1回で1本抜くので、抜く回数だけ痛みに耐えなければならない。
つまり、髭が太く多い方は、相当な忍耐力と精神力が求められる。

髭の脱毛というと、毛抜きよりもレーザー脱毛の方が、世間的にはメジャーなようなので、
少し値は張るが、試してみるのも良いかも知れない。

やせた?

先日、トレーニングジムで、久々に体重を計ってみた。
(実は自宅に体重計がない)

うーん、やせているようだ。
なぜだろう???

このジムには、頻繁に通っているわけではなく、「最近行ってないなぁ」
と思った頃に、思い出したように行く程度である。

また、夏に入り、食欲減退してはいるが、「食べないと」と常に言い聞かせ、
食べる量は減らしていない。

そうすると、原因として考えられるのは4月から始めたテニスだろうか・・・

しかし、そのテニスも、週に一度、90分ほどの運動である。
人数が多い時などは、汗の一滴もかかない事もざらである。

ただ、やはり気温が高い時に人数が少なかったりすると、
「リットル単位は出てるんじゃないか?」と思うぐらい汗をかくこともある。

こういう時に、一気にやせているのだろうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。