THE 雑記

THE 雑記。 名前のまんま雑記。 とにかく雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史教科書

本日のNHK「クローズアップ現代」では、先日の杉並区での
歴史教科書の選定がテーマだった。

杉並区で採択された、扶桑社の「新しい歴史教科書」の内容の是非を
論ずるようなものではなく、東京都で新制度に移った教科書採択のあり方を、
焦点にした内容で、私が期待していたような番組とは、やや趣旨が違った。
残念。


この番組で、「新しい歴史教科書」に対するNHKの見解が多少なりとも聞ければ
という期待も少しこめつつ見ていたが、さすがにそのような内容は
含まれていなかった。


もっぱら、5名の教育委員と、現場の教師に焦点を当て、外野である
「つくる会」の教科書採択に反対する親の会(杉並親の会)などは、
冒頭でちらっと映像が流れる程度だった。



全体的な私の感想としては、「ごく無難な内容」だった。



私としては、新しい歴史教科書が主張する歴史観をもう少し詳しく紹介し、
賛成派、反対派のそれぞれの主張をより踏み込んだ形で紹介してほしかったのだが。


もちろん、大声で戦争反対を訴える「杉並親の会」が、
テロ組織である中核派と手を組んでいる
ことや、反対派の教育委員、安本ゆみ氏が、前回の選定の際に、
「拉致問題は北朝鮮が
 否定しているから事実とは言えない」

と述べていたことなどは放送されなかった。

まぁ、このへんは最初から期待していなかったが。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。