THE 雑記

THE 雑記。 名前のまんま雑記。 とにかく雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転校(?)大成功!!

先月まで通っていたテニススクールには別れを告げ、
今月から別のテニススクールに通うことになっていたが(参照)
本日、転校後一発目のレッスンを受けてきた。


予想していたとおり、以前のテニススクール(以下Aスクール)の時よりも
実になるレッスンになったと感じた。
何より、ボールを打つ回数が段違いだ。

Aスクールでの一番の泣き所であった、一緒に受講するスクール生の人数だが、
新しく入ったテニススクール(以下Bスクール)では定員が少なめに設定されているため、
必然的に一人あたりがボールを打つ回数はAスクールと比較すると多くなるのである。

より具体的に述べると、Aスクールでは、クラス定員10名+振り替え枠2名で、
レッスンでは最高12人のスクール生が一緒に受講することになる。
・・・はずなのだが、なんとこのAスクール、その枠すらも平気でオーバーしてくる。
時には、14名ものスクール生が殺到したこともあり、さすがにこの時ばかりは
フロントに「金返せ!」と怒鳴り込もうかと真剣に考えたほどだ。

ところが、Bスクールでは、クラス定員8名+振り替え枠2名で、同時にレッスンが
受けられる人数は、最高でも10名である。
しかも、今日一緒に受講したスクール生の方に聞くと、レッスンに10名もいることは、
ごくまれだとのこと。
たいていは7~8名らしい。(ちなみに今日は私を含めて6名だった)

スクール生の人数以外にも、大きな違いがある。

Bスクールでは、1クラスにコーチが複数名付いていることだ。
これは1クラスに原則1コーチのAスクールと比較して、大きなアドバンテージだ。

ごく単純に考えても、球出しが二人でできれば、通常の2倍のペースでボールが打てる。
また、一人ではなかなか目の行き届かないようなところも、二人なら、
より細かな点にも目が届くようになり、丁寧な指導につながる。
たとえば、一人のコーチが球出しをしている間に、もう一人のコーチが
スクール生のフォームの修正をする、などといったこともできるのである。


というわけで、今回の転校は大成功だった。
これで家からも近くなって、あげくに料金まで安くなったんだから、
言うことなしである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cybereuno.blog10.fc2.com/tb.php/15-2695d74b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。